一緒に移住してきた私の奥さんのご紹介

スポンサーリンク

沖縄移住に賛成してくれた奥さん

本人は沖縄にはそこまで興味がなかったにも関わらず、私の沖縄移住の話を聞いてくれて、一緒に移住までしてくれた奥さんのことを紹介します。
移住の際、一人ではなく夫婦で移住するかたにとって、夫婦でどのように移住の話を進めたのか、どういう風に価値観を共有したのかなど、何か参考になることがあるかもしれません。

奥さんをざっくり表す12のこと

細かく紹介しても仕方ないので、まずはざっくりと奥さんのことを説明します。

  1. 埼玉出身
  2. 性格の優しい天然系
  3. 内弁慶
  4. 沖縄は別に好きではない
  5. 虫嫌い、生き物は大体苦手
  6. 海外ドラマや海外映画が大好き
  7. なのに英語がからっきしダメ
  8. ウェブのマーケッター
  9. すぐに誰かにお願いする才能
  10. 肌が白く沖縄の紫外線は大敵
  11. 兄弟の子どもを溺愛
  12. 節約と貯金が好き

埼玉出身で、大学を卒業後、ウェブサイトの運営やマーケティングを仕事とする会社に勤務していました。
もともと私みたいに「沖縄大好きー!」という人ではなく、本人いわく、沖縄には修学旅行で1度だけ行ったことがあるけれど、移住なんて考えたこともなかったそうです。

それでも移住のきっかけに多少書いたように、ふたりでずっと沖縄の話をした結果、結婚をきっかけに移住することを決意してくれました。
彼女の懐の深い決断には本当に感謝しています。

奥さんの良いところ

私にとって良いところを紹介してもただのおのろけになってしまいあまり意味がありません。
なので一緒に沖縄移住する相手として見たときに、良かったところを書いてみます。

性格がマイペースで前向き

奥さんは比較的、マイペースで前向きな人です。
多少、性格が天然なこともあり、会話をしていても自分の考えていることがひとりだけ先走って幸せになってしまう感じです。

自分にとってマイナスになりそうなことでも深く悩み過ぎないでいられます。

移住前、付き合っていて沖縄移住の話をしたときも、「絶対ダメ」とか「絶対イヤ」とかいきなり否定されて終わりということはなく、沖縄にもし移住できたら私ならこんな風に暮らしたい、あぁでも虫は嫌いだからこうしなきゃ、といった風に一緒に色々と考えてくれました。

むしろマイペースが幸いして、「私なら」の妄想がいろいろ出てくるようで、彼女のほうが勝手に移住計画をしだして延々と話しだし、すごいなと思いました笑

週末に、居酒屋などで一緒に移住妄想トークをするのが仕事をしているふたりにとって楽しみでした。

頑固なこだわりがない

奥さんはあまりこだわりが強いほうではありません。

私なんかは職業柄か、普通の人にはどうでも良いような細かいことをこだわりにこだわるのですが、奥さんは真逆。こだわりません。

もともと地元が好きで、ずっと実家で暮らしていた奥さん、家族も好きなので埼玉から出ないで暮らしたいと考えていたようです。ですが、そこにこだわることなく沖縄移住の魅力についても柔軟に考えてくれました。

埼玉だったら家族と一緒に子育て出来て安心だね。
沖縄だったら夫婦で変わった趣味を持って暮らしたりできるね。

それぞれ良いところを色々と見つけて話をすることができました。

選択肢が豊富にあるというのは、物事をよりよく進めるときにはとても重要になることです。

こだわり過ぎて1つにとらわれてしまうと、視野が狭くなり失敗し易くなるのが常です(←私がよくやります)。

一方で、こだわり過ぎず色々な可能性を見つけてくれる奥さんの柔軟さは、ふたりにとって適切な移住先を見つけたり、効率の良い引っ越しの段取りを決めたりといったときに、必ず活躍してくれました。

周りに言えるくらい好きなものがある

奥さんの好きなものは、海外ドラマと海外映画です。
別に専門家や、批評家のように海外の映画・ドラマに詳しい訳ではありませんが、本人ははっきりと映画・ドラマを観るのが好きだと公言しています。

今でもHuluを契約して、暇ができると、海外ドラマをニヤニヤしながら観ています。

好きなものがはっきりしているのは良いことです。

例えば住環境が変わったりしたときに、何かとストレスが溜まることもあるでしょう。
そんなときに、きちんと好きなことに集中してリラックスしたり、ストレスを回避したりできる状況があると、大変なときでもなんなく乗り越えられたりするものです。

家の契約手続き、引っ越し後の色々な手続き、結婚の手続き、退職の手続きなどなど、移住の前後は怒濤ともいえる事務手続きが発生しました。

ふたりとも事務手続きが得意ではないこともあってとても大変でした。

しかし、奥さんの場合、気が向いたら海外ドラマを観て、息抜きをしながら進めていくことで乗り越えることができました。

ウェブの知識・経験がある

これは人によることでもありますが、私の場合はウェブデザイナーだった職業柄、奥さんとウェブの話が出来るのは非常に助かりました。

日本の男性ですと、やはり生活の中心が仕事になってしまいがちで、そうなるとよく出てくる話題も仕事に関したことになってくるのですが、私の場合はそれがウェブです。

都内で会社に勤務していればまだしも、沖縄に来て自然とウェブの会話が出来る人はそうそういないものです。

制作系とマーケティング職で、多少知識は違うのですが、いっても同じウェブ業界。

なので気楽に2ちゃんねるの話題を出しても「オタク?!」とか言われずに済むので助かりました笑

また、沖縄はIT系の仕事の発展(特に起業です)に力を入れている県でもあります。
いざ働きたいとなったときにも、奥さんが都内に勤めていた時のキャリアの続きとして仕事を考えられるのは、沖縄移住に関して相性が良かったです。

まぁ、そうはいっても本人は「古着屋さんでバイトしたらオシャレかしら?」など、のんきに構えています。

奥さんの困ったところ

生き物が嫌い

最初、これを聞いたときに、本気で沖縄移住は無理かと悩みました。

奥さんは本当に生き物が苦手です。特に虫が嫌いで、どんなに小さくても虫がいると叫び出すほどです。
ほ乳類や魚なども嫌いで、カワイイ子猫ですらおびえて触れない始末。。。

「人間以外の生き物が苦手」というのは、もはや私にとっては名言です。

せっかく沖縄にきて、シュノーケリングをしても小魚を目にするたびに逃げ惑っています。
見ている方は面白くて良いんですけどね。本人によく怒られます。

沖縄なんて生き物の楽園みたいなところです。
よく移住を決めたな、と、いまだに驚きますし、そんな生き物嫌いなのに沖縄生活を楽しんでいる姿を見ると、その前向きさを尊敬せずにはいられません。

引っ越し先の家選びのとき、奥さんは「虫が絶対にいない部屋を紹介してください」と開口一番、不動産屋さんに相談しました。
まじめな顔でそんなことを言われ、不動産屋さんもだいぶ困った顔をしていました(その後ろでヤモリがケッケッと鳴いていて、家選びが不安になったのをよく覚えています)。

移住の際に対策として検討したのは、
「新築or築浅の部屋」
「3階以上の部屋」
「飲食店がテナントに入っている(入りそうな)家は絶対避ける」
「引っ越したら殺虫剤をすぐに買う」
などです。

それでも小さな虫は部屋に入ってくるもので、ちょくちょく叫び声が聞こえます。
今は、出来るだけの対策をして、家に虫をいれないことで、なんとかやっている感じです。

一人暮らしをしたことがなかった

奥さんは、結婚して一緒に住むまで一人暮らしをしたことがありませんでした。初めて親元を離れるのが沖縄移住という贅沢ぶりです。

生まれてこのかた実家暮らしだったこともあり、引っ越し前後、生活がはじまってしばらくは、地域柄のとまどいに加えて、そもそも家事などでいろいろ分からないこともあり大変でした。

料理をするにもほとんどやったことがないので、調味料の使い方などから勉強です。
食材を買うのも価格の相場がよくわからない、1食にどれくらいの分量が必要か分からない。洗濯、掃除も手探り。

ゴミの日をちょくちょく忘れてしまったり、光熱費が思っていたより高かったらしく領収書を見るたびにショックを受けたりと、色々大変でした。

私は一人暮らしがそれなりに長く、また、移住後もすぐには仕事をせず家にいたので、サポートしたり教えたり(というか自分が代わりに家事をしたり)はちょくちょく出来ました。

ふたりで一緒に家事・炊事をしたのでそこまで問題はありませんでした。
たまに奥さんの節約魂と一人暮らし経験のなさが相まって、冷蔵庫が空っぽになり食事が貧相になったりしたくらいです笑
外食しろって話ですね笑

夫婦で楽しく沖縄で暮らしています

こんな奥さんと2人で仲良く沖縄移住生活を送っています。
奥さんにもブログの記事を手伝ってもらったりして、夫婦で楽しんで更新しています。
これから、主婦目線の記事も増えると思いますので、お楽しみにー!

追記:最初はお手伝いだったのですが、すっかり夫婦で運営するようになったので、奥さんの自己紹介は私たちの移住体験談にたくさん書かれています。ぜひ読んでみてくださいね。

次はどうして沖縄に移住したのか? 私の移住理由について書いてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 240本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?