CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

部屋が決まったのに…。担当者から悲しいお知らせが届く(物件探しのその後)

空港の飛行機

沖縄の物件見学から帰ってきて数日後。

仕事中にも関わらず、みなみのひげから電話がかかってきました。

「なにごとかな?」と電話に出てみると・・・

与那原の物件ほかの人に取られちゃったって!

えぇーーー!!

てっきり申込書を提出していたので、家は決まったも当然とばかり思っていました。

しかし、申込金を支払っていない限り仮契約にもなっていないんだとか…

それを知っていたら、もっと早く振り込んでいたのに

スポンサーリンク

ほかの物件を探してみることに

インターネットで物件探し

「じゃあ中城の物件にする?」という案もあったのですが、もうすっかり中城は諦めたみなみのひげ。

ほかにも物件はないかネット上でも探してみたのですが、実際に物件を見に行けないのでなかなか決めきれず・・・

幸いなことに同じマンションでもう1部屋空いていたので、そこにすることに決めました!

家賃は上がってしまいましたが、角部屋になり風通しが良いので、いまとなってはこの部屋にしてよかったです。

物件探しの注意点

後々知ったことも含め、沖縄で物件探しをする際の注意点をまとめておきます。
(あくまで私たちの場合なので、全部がそうなのかはわかりません)

  • 無職では家を借りられない(私たちは前職に勤めている時に契約しました)
  • 日曜日に休みの不動産会社が多い
  • 入籍前はそれぞれに保証人がいる
  • 申し込み金は早めに支払ってしっかり物件を確保しておくこと!

沖縄での物件探しのまとめ

思い返してみると色んなことがあった物件見学でしたが、2泊3日で気に入る物件が見つかったのはよかったです。

その他、物件探しについての記事は下記でも書いているので、ぜひ見てみてください。

移住費の足しに!引っ越し前に不要品を売りに行ってみた。」へつづく。

シェアする
閉じる